MENU

TAKUMI for hairI・RO・HA

私が、アップスタイルが好きになった理由

ブログ画像
今日は、私がアップを何故真剣に取り組み、好きに

なったかを書かせて頂きます。

私は、高校卒業後、単身東京の専門学校へ入りまし

た。(人生初のクラス委員長を経験^_^)

その後、恩師の勧めで東京の美容室に入社しました
私が就職活動をした頃の時代背景は、バブルが崩壊

して間もなくの頃でした。まだまだ、バブル景気の

余韻があり景気は良かったです。(イザナギ景気)
当然、美容室も忙しく即戦力を求められていた時代

でした…
私も、数々のチェックごとに合格をして2年目の秋

に無事スタイリストデビューを果たしま

した。
当然、デビューをしたイコール、なんでも出る!?
当然、お客様からみたら店長とも同等の立場
(当然、本当は全く違うだけど…)
先輩から引き継いだ綺麗な髪のお客様…
ある日、結婚式のお呼ばれでアップスタイルをの

オーダーが入りました。
そのお客様の髪の長さは、腰上10センチの超ーロン

グ サラサラストレート!
その頃の私は、アップの経験は、ほぼない状態…
見よう見まねで進めてみるも、ピン一本まともに止

められない…一時間以上もかかって出来たスタイル

(最悪…)冷や汗…
お客様も、もうこれ以上は無理なのだと妥協
当然、次回からは、指名も頂けず

(それ以降もお店に通って頂いただけで感謝!)

その時、絶対アップを上手くなると決意!
高橋先生、伊藤五郎先生、板谷先生、井上先生

北村先生、高石先生…
特に井上先生は(銀座の超一流のママさんを相手に

毎日のように芸術的なアップスタイルを提供してい

る方。)お世話になりました。

お陰様で、現在では、アリミノ(美容メーカー)

アサヒ(美容ディーラー)のお仕事で
新潟の美容師のアップスタイルのレベル向上を
目的に講習会をさせて頂いております。

基本、美容室はカットマニュアルはあるけど
アップマニュアルはない所が多いのです。
したがって、教えられる人がいない…
(昔の私のように。)

駆け出しの頃、お客様にかけた多大な迷惑…苦い経

験のお陰で今の私がいるのです。

これからも、お客様に喜んでいただけるよう、
人様のお役に立てるよう頑張ります。

応援宜しくお願い致します^_^

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ARCHIVE

ページトップへ